和歌・韻文教室 今月は「寺カフェ」とのコラボ

今月の25日(土)も、予定通り正晨寺の「和歌・韻文教室」を開催いたします。
今回は、浜松市の文化事業として開催される「寺社カフェ」とのコラボをお約束していますので、おそらくいつもより大勢の方がおいでくださると思います。
もちろん…いつも通り受講料等は不要。予約もいらず。1回毎の完結講座ですから、ふらっと参加をしていただければ有難いです。皆様のご来寺を心よりお待ちしております。合掌

13254168_685268868277840_7958327282162403536_n

京都佛立ミュージアムが朝日新聞に紹介されました

朝日新聞の2月7日版に、京都佛立ミュージアムの記事が掲載されました。たまたま発見してびっくりしました。全国版の新聞に載せていただけるとは本当にありがたいことです。全文を転載いたしますのでお読みくださると嬉しいです。合掌

IMG_20170210_0001

 

「雄大で勢いに満ちた書!」

「今年は本門佛立宗の開祖、長松清風(1817〜90)の生誕200年にあたります。京都の商家に生まれ、若くして書画、詩歌、国学などに通じた町人学者となりましたが、仏教の道に進みます。死後ではなく現世の生活を重視する在家主義の立場から独自の教えを説きました。

そんな清風の魅力を紹介する「幕末維新の仏教改革者 長松清風展」が10月15日まで京都佛立ミュージアム(京都市上京区)で開かれています。これまで「宮沢賢治と法華経展」「ブラジルと仏教展」「坂本龍馬と仏教展」などを開催。目指しているのは、今を生きる人にとっての道しるべとなる「躍動の仏教」を紹介することだといいます。
清風の代表的な作品の一つが、清風寺(大阪市北区)所蔵の「屏風」。中国の詩集「詩経」の一句「鳶飛天魚躍干淵」(鳶飛んで天に戻(いた)り魚(うお)淵に躍る)を揮毫しています。

「鳶は自由に天まで飛び上がり、魚は何の恐れもなく楽しんで淵に躍っている。万物が所を得ている、世の太平を表しています。まさに鳶と魚のように雄大で勢いに満ちた書です」と同館は解説しています。

歌人、学者、芸術家としても才能を発揮した宗教家・清風の人生を知る旅に出かけませんか。」

———————————————————

京都佛立ミュージアム(075-288-3344)は入場無料。月曜休館(月曜が祝日か25日の場合は翌日が休館)。開館時間は平日が午前10時~午後4時、土日祝が午前10時~午後5時。