睡眠のプロが作った「絶対眠れる動画」

こんな変な動画を見つけました。睡眠のプロが作った「絶対眠れる動画」だそうです。
3つとも単調な動画なのですがいくつかのポイントがあるらしく…

【ポイント1】「馴化」という人間の生理現象に立脚した「オリジナル授業」を開発
馴化とは、単調な刺激を与え続けることで、刺激として感じなくなることをいいます。その馴化を起こさせ、眠気を促進させる授業内容にしています。

【ポイント2】単調な刺激を持続的に与える「眠くなる話し方」を導入
眠気を誘う、一定のリズムによる抑揚のない話し方を追求。特に日本史・美術史に関しては、眠くなる声のプロを別途起用し、アテレコしています。(美術史は、安眠ボイスの異名をとる、能登麻美子さんを起用しています)

【ポイント3】眠気を誘うと言われる特殊BGM「バイノーラル・ビート」を活用
異なる周波数の音を(イヤホンで)左右の耳から聞くことで、睡眠時・リラックス時と同様の周波数の脳波を作り出せると言われているバイノーラル・ビートをBGMに活用しています。

【ポイント4】視覚から副交感神経に働きかける「夕焼けの暖色」を再現
夕焼けなどの温かい色味は、副交感神経に働きかけ、リラックスしやすい状態を作り出してくれます。聴覚だけでなく、視覚的にも眠くなる仕掛けが取り入れられています。

【ポイント5】意識が遠のいていくギミック「ぼかし&エコー」で後半たたみかけ
誰もが授業中に経験したことのある、眠いけど寝てはいけないと必死に抵抗する時のあの感覚。だんだんと黒板の文字、先生の顔がぼやけてきて…眠りの疑似体験効果が、本当の睡眠へと誘います。

【ポイント6】授業時間は、仮眠に最適な「15分」
各授業ともに、仮眠に最適な時間で目覚めてもらえるように、それぞれ 約15分で構成されています。日々の受験勉強で脳が疲れていると感じたときにこの授業を受けることで、疲労回復、記憶の整理、集中力の向上が期待できます。

だそうです。私は寝付きのいい方なので、こういう動画は必要ありませんが、寝付きの悪い人は試してみてください。ただ、この動画が作られた目的が受験生の勉強の合間の休憩らしいので、最後に思いっきり目覚ましの音が(笑)
まあ、興味のある方はご覧になってください。合掌

関ヶ原の戦いに参戦した武将の名前を全員紹介してくれる、とても興味が続かない単調な動画です。

長すぎるピカソの本名を、安眠ボイスの異名をとる能登さんの声で何度も繰り返してくれる、丁寧で退屈な授業です。

デカルトについての難解な内容を一方的な語り口で延々と説明してくれる、途中でどうでもよくなる授業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です